どちらを目指す?Webデザイナー・Webエンジニア

WebデザイナーとWebエンジニア、2つの職種の違いとは

デザイナー?エンジニア?Web業界で働こう!

2つの職種のちがいとは?

WebデザイナーとWebエンジニアは、どちらもWebサイト制作には欠かせない職種です。Webデザイナーは、Webサイトの構成やデザインなどの見た目に関する部分を担当する仕事で、WebエンジニアはWebサイトの見た目と中身双方の機能的な部分に関する仕事です。役割としてはどちらも独立していますが、近年は双方のスキルを併せ持った人材を求める動きもあるなど、IT業界を取り巻く国内外の事情は常に変化しています。

2つの職種のちがいとは?

【Webデザイナー】の仕事はデザインをするだけではない!

Webデザイナーの主な仕事は、クライアントの要望をもとに作成された設計書に従ってWebデザインを行うことです。ロゴやイラスト、画像などをデータ化し、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を使ってWebサイトに組み込んでいきます。Webサイトが完成したら、更新作業をそのまま継続して担当する場合もあります。Webデザイナーとして働く人は、会社員として自社や他社の制作に携わる人とフリーランスとがいます。

【Webデザイナー】の仕事はデザインをするだけではない!

【Webエンジニア】はマルチタスク!

Webエンジニアは、Webサイトの設計、開発から運用、保守まで幅広く手がけます。マルチタスクをこなさなければならないことが多く、高いコミュニケーション力も求められます。クライアントのヒアリングから仕様書をまとめ、フロントエンドとバックエンドの2つに分かれてプログラムを組み、テストを重ねて問題なければ完成というのが一般的な流れですが、リリース後の運用、保守についてもWebエンジニアが担当する場合があります。

【Webエンジニア】はマルチタスク!

2つの職種の境界線?

WebデザイナーとWebエンジニアは、それぞれの分野のプロフェッショナルとして自分の分野の業務のみを担当するのがかつての常識でした。しかし現在は、WebデザイナーとWebエンジニア双方のスキルを持つ人が重宝されるようになってきています。日本では当たり前のWebディレクターという存在は、アメリカにはそもそも存在していません。今後は、自分の専門分野にプラスしてスキルを身につけていくことがますます求められるようになるでしょう。

2つの職種の境界線?

MENU

RECOMMEND

Web業界を目指す人におすすめの記事
転職するなら転職エージェント どちらを目指すか決めたなら! 転職するなら転職エージェント
【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人! 向いている人の特徴は? 【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人!
【Webエンジニア】はマルチタスク! 2つの職種のちがいとは? 【Webエンジニア】はマルチタスク!