どちらを目指す?Webデザイナー・Webエンジニア

WebデザイナーとWebエンジニア。向いている人の特徴は?

デザイナー?エンジニア?Web業界で働こう!

向いている人の特徴は?

WebデザイナーとWebエンジニアとでは、それぞれに向いている人の特徴が異なります。Webデザイナーに向いている人は、コーディングやデザインが好きな人で、Webエンジニアに向いている人はプログラミングやものづくりが好きな人です。どちらの仕事をするにしてもコミュニケーション力は必要ですが、営業や交渉ができるほどのハイレベルではなく、上司や同僚、チームメンバーなどと業務上必要なやりとりができれば十分です。

向いている人の特徴は?

【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人!

Webデザイナーに向いているかどうかは、コーディングが好きかどうかでほぼ決まります。1日のほとんどもしくは1週間のほとんどをコーディングに費やすことも珍しくない仕事なので、コーディングに苦手意識があったり楽しめない人にとっては苦行になってしまいます。この条件を満たした上で、クリエイティブなことが好きなら楽しく働くことができるでしょう。必要とされるコミュニケーション力は最低限であって、営業や交渉レベルのものではありません。

【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人!

【Webエンジニア】はプログラミングが好きな人!

Webエンジニアに向いているかどうかは、プログラミングが好きかどうかにかかっています。プログラミングが好きな人ならば、流れの早いIT業界のトレンドを追いかけることも楽しめます。ものづくりやコツコツと作業することが好きな人もWebエンジニア向きです。問題解決のための柔軟な思考や素直さ、コミュニケーション力など、性格的な面での向き不向きもあります。ただし、コミュニケーション力についてはハイレベルなものが求められているわけではありません。

【Webエンジニア】はプログラミングが好きな人!

MENU

RECOMMEND

Web業界を目指す人におすすめの記事
転職するなら転職エージェント どちらを目指すか決めたなら! 転職するなら転職エージェント
【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人! 向いている人の特徴は? 【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人!
【Webエンジニア】はマルチタスク! 2つの職種のちがいとは? 【Webエンジニア】はマルチタスク!