どちらを目指す?Webデザイナー・Webエンジニア

職種別の仕事内容「Webエンジニア」について

デザイナー?エンジニア?Web業界で働こう!

【Webエンジニア】はマルチタスク!

【Webエンジニア】はマルチタスク!

Webエンジニアは、Web系システムの開発に携わる職種です。インターネットが一般家庭にまで浸透した今、Webは生活に欠かせないインフラのひとつとなりました。情報インフラの重要性は誰もが認めるところで、今後もさらなる進歩が望まれています。そこで今回は、Webエンジニアについて詳しく解説していきたいと思います。

Webエンジニアとは

Webエンジニアは、システムの設計や開発だけでなく、運用から保守までマルチに対応します。IT技術は日々進化し続けているので、常に知識をアップデートしていく努力が不可欠です。
Webエンジニアが関わるプロジェクトには、Webディレクター、Webデザイナーなどその他のIT職が複数参加しています。それぞれの職種と連携しながらWebサイトを制作していくためには、マルチタスクへの対応力やコミュニケーション力が求められます。

Webエンジニアとは

Webエンジニアの仕事の流れ

Webエンジニアの主な仕事はプログラミングです。例えば、ショッピング系のWebサイトの閲覧履歴や購入履歴などは、Webエンジニアがプログラミングを行うことによって表示が可能になります。その他にもWebサイト内にあるさまざまな機能を付けることで、見るだけのWebサイトから使うWebサイトに変えていきます。Webエンジニアの仕事は、システムの構築からはじまります。クライアントから要望をヒアリングし、その内容に基づいて設計し作成された仕様書に従ってシステムを作っていきます。仕様書の内容に無理がある場合には、その点を指摘した上で別の方法を提案することもあります。仕様書が確定したら、フロントエンドとバックエンドの2部門に分かれたWebサイト制作がはじまります。
フロントエンドエンジニアは、Webサイトの画面やユーザーが使用する部分など、Webサイトの見た目を作成します。使用するプログラミング言語はHTMLやCSS、JavaScriptなどです。
バックエンドエンジニアは、目に見えない部分のシステムを作成していきます。使用するプログラミング言語は、PHPやPython、Perl、Linuxなどです。完成したら何度もテストを重ね、問題ないと判断されればそこで制作の工程は終了です。ただし、Webサイトの運用開始後、保守業務までWebエンジニアがカバーすることもあります。スキルがあるエンジニアなら、マーケティングを含めたWebサイトの運用を手がける場合もあります。マルチタスクを効率よくこなすためには正確な知識とスキルが欠かせません。幅広い知識を効率的に取り入れたい場合には、プログラミングスクールなどを利用して学ぶのがおすすめです。また、技術的なことだけでなく、コミュニケーション力の向上も意識しておく必要もあります。

MENU

RECOMMEND

Web業界を目指す人におすすめの記事
転職するなら転職エージェント どちらを目指すか決めたなら! 転職するなら転職エージェント
【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人! 向いている人の特徴は? 【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人!
【Webエンジニア】はマルチタスク! 2つの職種のちがいとは? 【Webエンジニア】はマルチタスク!