どちらを目指す?Webデザイナー・Webエンジニア

WebエンジニアやWebデザイナーとしてフリーランスを目指す

デザイナー?エンジニア?Web業界で働こう!

フリーランスになりたいなら

フリーランスになりたいなら

フリーランスのWebデザイナーやWebエンジニアを目指すためにはどのようなことを実行すればいいのでしょうか。いくつかの具体的な方法を紹介します。

フリーランスになるためのステップとは

フリーランスのWebデザイナーやWebエンジニアになるためには、まずコーディングやプログラミングの勉強をしなければなりません。独学でもスクールでもどちらでも勉強は可能ですが、効率的に学習を進めたいならスクールを活用しましょう。
一般的な学習期間が独学で6ヶ月とすれば、スクールならその半分もしくはそれ以下の期間で習得が可能です。スクールだと、どうしてもわからないことがあるときに質問できる相手がいるため、つまずいたまま先へ進むということがなくなります。独学の多くが挫折してしまうことを考えると、本気でWeb系フリーランスを目指すならスクールを活用したほうがいいでしょう。スキルを身につけたら、一度はWebデザイナーやWebエンジニアとして就職もしくは転職します。スキルとしては、スクールで2〜3ヶ月学んでいれば十分基準には達します。実務経験を1〜2年程度積んだら、フリーランスになるための準備は完了です。
そこで大きな壁となるのが案件探しですが、これについてはフリーランスエージェントを経由すれば問題なくクリアできます。最初は企業常駐型の案件中心で、経験を重ねていくにつれて非常駐型の案件で交渉していくこともできるようになります。スキルを身につけるところからと考えると長い道のりにも思えますが、2〜3年かけてしっかりと基盤を作っておくことはとても重要です。

フリーランスになるためのステップとは

テクフリ

テクフリは、フリーランスエンジニアやクリエイターの案件探しができるエージェントです。専門のコーディネーターに条件面を伝えれば、ぴったりの案件を見つけて紹介してくれます。

Midworks

Midworksは、正社員並みの保障がありながらフリーランスとして活動できる仕組みを提供しているエージェントです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、IT業界に特化したフリーランス専門のエージェントです。レバテックフリーランスの特徴は、業界最高レベルの高単価を実現できる底力の強さと確かな実績です。

MENU

RECOMMEND

Web業界を目指す人におすすめの記事
転職するなら転職エージェント どちらを目指すか決めたなら! 転職するなら転職エージェント
【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人! 向いている人の特徴は? 【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人!
【Webエンジニア】はマルチタスク! 2つの職種のちがいとは? 【Webエンジニア】はマルチタスク!