どちらを目指す?Webデザイナー・Webエンジニア

職種別の仕事内容「Webデザイナー」について

デザイナー?エンジニア?Web業界で働こう!

【Webデザイナー】の仕事はデザインをするだけではない!

【Webデザイナー】の仕事はデザインをするだけではない!

WebデザイナーやWebエンジニアはWebサイト作りに欠かせない職種です。Webサイトの見た目は利用者の心理に大きく作用する重要な要素です。そこで今回は、Webデザイナーの仕事内容について詳しく解説していきます。

Webデザイナーとは

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインから制作までを担当する人のことです。Webサイト制作には、PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使用するのが一般的です。使用する主なプログラミング言語はHTMLやCSSです。Webサイトを開いたときにコンテンツを見てもらえるかどうかは、Webサイトのデザインから感じる第一印象に大きく依存しています。つまり、Webサイトから大きな成果が得られるかどうかは、Webサイトのデザインにかかっていることになります。
Webデザイナーは、Webサイトを制作したいクライアントの要望をもとにWebサイト制作を行います。デザイン性はもちろんのこと、機能性についてもよく検討しながら制作を進めていかなければなりません。Webデザイナーとして働く人は、自社サイトの制作に携わったり、広告代理店などに所属してクライアントのWebサイト制作を行ったりするなど企業に雇用されている人だけでなく、フリーランスとして活動している人も多くいます。

Webデザイナーとは

Webデザイナーの仕事の流れ

Webデザインの仕事は、クライアントのヒアリングからはじまります。Webサイトを制作する目的、サイトのイメージ、求めている成果など、この段階でできる限り詳細な希望を吸い上げておく必要があります。制作チームとクライアントの間で正しく情報が共有されていることが、Webサイト制作の成功には欠かせません。実際にヒアリングを担当するのはWebディレクターというのが一般的で、WebデザイナーはWebディレクターによる設計書をもとに作業を進めていきます。クライアントからのヒアリングが終わると、その内容をもとにWebサイトの構成を決めていきます。この段階でWebサイトの構成について大まかなイメージを固めてから、デザインの工程へと進めます。デザインの段階に入ると、グラフィックソフトでWebサイトのロゴやアイコン、画像、イラストなどの配置を行います。デザインのデータが完成したら、HTMLやCSSを使ってデータをサイト内に組み込んでいく「コーディング」という工程に進みます。
Webサイト制作は、設計通りに完成したら終わりではなく運営のサポートまで一括して行うこともあります。Webサイトの更新作業やデザインの変更、調整など、完成後にWebデザイナーがやるべきことはたくさんあります。

MENU

RECOMMEND

Web業界を目指す人におすすめの記事
転職するなら転職エージェント どちらを目指すか決めたなら! 転職するなら転職エージェント
【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人! 向いている人の特徴は? 【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人!
【Webエンジニア】はマルチタスク! 2つの職種のちがいとは? 【Webエンジニア】はマルチタスク!