どちらを目指す?Webデザイナー・Webエンジニア

Webデザイナーは未経験から目指すことも可能

デザイナー?エンジニア?Web業界で働こう!

未経験でも【Webデザイナー】を目指すことも可能!

未経験でも【Webデザイナー】を目指すことも可能!

Web業界では、WebデザイナーやWebエンジニアの転職活動が活発です。Webデザイナーなら、スキルアップのためやライフスタイルの変化に合わせるためなど、転職の理由はさまざまです。男女比で見ると女性が多い職種ということで、産休や育休でいったん仕事から離れる人も多く、その穴を埋めるための募集が多いという特徴もあります。転職市場におけるWebデザイナーの需要は安定しているため、時期を選ばずに転職できます。求められるスキルは企業によって違いますが、雇用形態は正社員、契約社員、アルバイトなどさまざまあります。給与は実績やスキルに応じて決められることが多く、スキルが高ければ高いほど好条件での転職を目指すことが可能です。

未経験からWebデザイナーになる

Webデザイナーの仕事は、業務や業界未経験の人でも目指すことができます。この場合、最初に与えられるのはWebデザイナーとしての役割ではなく、Webデザイナーの補佐的な役割です。Web業界全体がまだまだ若い業界ということもあって、業界を構成する世代が全体的に若い傾向にあります。このため、未経験者であれば若手が好まれます。未経験でも最低限の知識やスキルは求められるため、独学でもスクールでもどちらでもいいので基礎を作っておくことをおすすめします。Webやデザイン関係の資格があると、未経験からでも自信をもってチャレンジできます。求人を探してみると、未経験者歓迎のWebデザイナー求人はすぐに見つかります。気になる求人を見つけたときにすぐ行動できるよう、今からできることはできるだけ早くはじめておきましょう。

未経験からWebデザイナーになる

Webデザイナー転職に役立つ資格

業界未経験でWebデザイナーを目指すなら、「ウェブデザイン技能検定」を取得しておくと転職活動に役立ちます。この検定は国家資格で、Webデザインについての基礎を扱う初級レベルであれば実務経験なしで受験できます。その他にも、民間資格の「Webクリエーター能力認定試験」や「HTML5プロフェッショナル認定」、デザイン系資格の「DTP検定」「カラーコーディネーター」などの資格が役立ちます。Webデザイナーが自分の実力をアピールする主な材料となるのはポートフォリオですが、正しい知識に裏打ちされたスキルであることを証明するための資格も重要です。

Webデザイナーの転職に役立つ経験

グラフィックデザイナーなどのデザイン系の職務経歴は、Webデザイナーの転職にとても役立ちます。ただし、デザインの仕事には直接関係ない営業職やマネジメント職なども、コミュニケーション力やビジネスセンスへの期待値から高く評価される場合もあります。IT系の職種を経験していれば、即戦力に近い形で評価されるかもしれません。

MENU

RECOMMEND

Web業界を目指す人におすすめの記事
転職するなら転職エージェント どちらを目指すか決めたなら! 転職するなら転職エージェント
【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人! 向いている人の特徴は? 【Webデザイナー】はデザイン、コーディングが好きな人!
【Webエンジニア】はマルチタスク! 2つの職種のちがいとは? 【Webエンジニア】はマルチタスク!